少子高齢化とは、子供の数が減る少子化とお年寄りの数が増える高齢化が、同時に進行している状況のことです。少子化、高齢化はニュースでもよく話題に取り上げられていますよね。
平均寿命が上がってきていることに対して、出生率が下がってきていることで発生している問題です。今まで国で対策も色々考えられてきていますが、結局、きちんとした対策は実行されてきていません。

たとえば、一時的な対策にしか過ぎない「子供手当て」も少子化対策の一つですね。きちんとしたルールもないままに始めた税金のバラ撒きとも言われているやつです。

少子化対策には、まずは全体的な景気をよくしないことには始まらないと考えられてきていますが、日本の人口と経済成長は直接的な関係はないと言われています。数学的に言えば、一組の夫婦が3人以上子供を産まないと人口は衰退していくのは当然とのこと。
今の時代は一人っ子も少なくはないのに3人以上となると、奥さんは家庭に入って育児や家事に専念する必要があります。でも、男性でも結婚後に奥さんに働いていて欲しいという考えの人は多いですし、子供を産むほど女性の社会進出の弊害になります。

少子化は経済的に直接的なつながりはないものの、男性の権力の低下や女性の社会進出から少子化と高齢化社会は直結していると考えられます。

アドルフ・ヒトラーがある女性に言った言葉で
「将来の……今世紀末から来世紀はじめの文明国では、きみのように結婚もせず、子どもも生まず、一生、男以上の働きをする女性が増えるよ。しかし、それは当然、女性の見かけの地位の向上とともに、その民族の衰亡──ひいては人類の破滅につながるワナなんだけどね」
というものがあります。
ヒトラーの予言とも言われていますが、「女性が権力を持った国は滅びる」というのは、今の社会において男尊女卑と捕らえられるでしょうか。

ただし、これだけ豊かになった生活を見ると、女性の社会進出だけが原因とも言い切れません。
貧乏だった昔の家族が子沢山だった理由で普通に考えられるのは、他にやることがなかったからです。一日中畑仕事をするくらいで、テレビもゲームもPCもありませんからね。
貧乏だと子沢山で、豊かだと子供が少ないなんて可笑しな話ですが、豊かであるほどやることがあるし、他のことにお金を使う機会が増えてしまいますから、たくさんの子供を作る理由がないんです。
こういった生活水準の上昇も影響しているでしょう。

また、戦時中は国力増強の為に「生めよ増やせよ」という強制計画もあったようです。お国の為にと考えられる強制力があれば、子供も増えるかもしれませんが、男女平等や男女雇用機会均等法がある以上、女性に家庭に入れとは言えないし、生むことを強制できる時代ではありません。
こうなっていった社会から少子化を打開することは難しいですから、まずは無縁化社会にならないように人間同士のつながりを強化する必要があるでしょう。

    Read More