施設に入居している高齢者の方でも、要介護者ばかりではありませんよね。
元気な高齢者は施設の中で暇を持て余すことも少なくはありません。
そこで、地域貢献意識が高い高齢者は、ボランティア活動に参加してみるというのもいいんじゃないでしょうか?
地方自治体では、ポイント制の高齢者ボランティアの参加者を募集していますが、他にも高齢者がボランティア活動に参加できる方法がいくつかあります。
外や他者とのつながりを持つことは自分自身のリハビリにもなりますし、ホームの中で毎日ぼんやりした生活に飽きてしまっている高齢者の方にはオススメですよ。
ボランティアといっても様々な活動があり、大まかに分けると以下のような活動があります。

■高齢者・障害者を対象にしたボランティア
■子供・青少年を対象にしたボランティア
■自然災害による被災地のボランティア
■自然・環境保全のボランティア
■安心なまち作りのボランティア
■芸術・文化の普及活動もしくは継承活動
■各種イベントのスタッフ活動
■国際交流・国際協力活動ボランティアを探す方法として、まずは「社会福祉協議会」に相談してみるところからはじめましょう。

社会福祉協議会は、民間の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織です。
(中略)各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。
(参考:http://www.shakyo.or.jp/about/index.htm)
社会福祉協議会は「社協」とも呼ばれていて、社会福祉に貢献する組織です。
社協では、ボランティアの参加方法が分らない、ボランティアについて詳しい情報を知りたいという方にボランティア活動の情報を提供しています。
気になる方は、ボランティアや市民活動についての詳細を紹介しているホームページ「地域福祉・ボランティア情報ネットワーク」をチェックしてみましょう。
また、別の方法では「シルバー人材センター」という社団法人もあります。
シルバー人材センターは定年退職者や高齢者に向けて、短期的または臨時的な就業やボランティアを提供しています。
各市町村に配置されているので、自分の住まいのシルバー人材センターに登録することで仕事を請けることができます。
シルバー人材センターが行っている主な仕事は以下のようになります。

■技術分野(・翻訳・通訳・家庭教師・学習塾の講師・・・etc)
■技能分野(・職人仕事・衣類のリフォーム・・・etc)
■事務分野(・一般事務・経理事務・筆耕・宛名書・・・etc)
■管理分野(・建物管理・施設管理・駐車場管理)
■折衝外交分野(・販売員・配達員・集金・検針・・・etc)
■一般作業分野(・除草・屋内外清掃・農作業・・・etc)
■サービス分野(・家事代行・福祉サービス・育児代行)※請け負う仕事内容は市町村ごとのシルバー人材センターごとに異なります。

ただ、ボランティアに参加するといっても、その参加方法が分らなければ活動できませんよね。
また、無償であるか、有償であるかということも高齢者ボランティアには大切な部分です。
老人ホームに勤務するスタッフの方などが率先して、元気で暇を持て余している高齢者にボランティアを働きかけてみてください。

    Read More