日本では高齢化社会がどんどん進んでいますが誰しも長生きをすれば老人となりますので、
老後の生活についても若いうちから考えておきたいものです。

気持ちは若く持つことはもちろん大事ですが、
どうしても年をとると体の機能には衰えが出てきてしまうものです。

それゆえにちょっとした段差でもつまずいてしまうこともあり、
下手をすると骨折をしてしまうなど大怪我をしてしまうことも考えられます。

そして高齢者の方の場合は若い頃とは違い、
怪我の回復もより時間がかかってしまうこととなりますので、
できるだけ怪我をしない工夫はしておきたいものですね。

家の中での事故や怪我というのは意外と多いですから、
老後に向けてより住みやすい工夫をしていく必要があります。

高齢者の方が住む住居ではよくバリアフリーが取り入れられていますが、
バリアフリーにしておくと段差もなくなりますので、
つまずくことも少なくなりますので、これならより怪我を防ぐこともできますね。

そして高齢の方は足腰が不自由となることも多く、
移動に車椅子を利用することが多いですが、
バリアフリーにしておくと車椅子もとても利用しやすくなるのも便利なところです。

それから廊下が狭いと車椅子が通れないこともありますから、
若い頃に家作りをする場合も老後のことを踏まえて設計しておくことがおすすめです。

そして最近は日本の家も畳の部屋が少なくなり、
フローリングが増えていますが、これも高齢者の方が滑りやすい原因となりますので、
より滑りにくい床材を選ぶ、フロアコーティングを施すなどの工夫もしておくと良いでしょう。

それから2階以上ある家は階段がありますが、
階段もまた転落などの事故が起こりやすい場所ですので、
すべりにくい工夫をしておくこと、
さらに手すりなどをつけておくとより安全に利用できるようになります。

お風呂場やトイレもまた高齢者の方が体調を崩しやすくなるところであるので、
こちらも気をつけたいところです。

浴槽や床もできるだけ滑りにくいようにしておきたいですし、
冬場などは温度の差で体調を崩してしまう事もありますから、
浴室や脱衣所には暖房設備を整えておくことがおすすめです。

そして、急に体調が悪くなった場合も家族にすぐに知らせられるよう、
ナースコールのような音のなる設備をつけておくと
急なときもすぐに駆けつけてもらうことができるので
緊急用のブザーなどをつけておくことも考えておくのが良いと思います。

    Read More