現代日本に巣くう重大問題

高齢化社会と介護問題は密接に関係し合った、現在の日本の最も厄介な問題となっています。
人間は年をとって死ぬ生き物ですが、高度に医療技術が発達してしまったので、そう簡単には死ぬことができなくなりました。

簡単に死ぬことができない場合、そのまま問題なく生活をできればいいのですが、多くの場合なんらかの後遺症が残る可能性が高くなります。
尊厳死が認められていませんので、介護をする人員が必要になってきます。

家族や家庭内でこのような高齢者を支えることができた以前のような家族制度は崩壊しつつありますので、家庭内での介護をおこなうことは難しいというのが現状です。
特に認知症になりますと、家族だけでは手に追うことができませんし、介護疲れによる殺人という新たな問題が発生します。

以前の日本は町全体が子供を育て、老人を見守っていましたが、現在は核家族化が進行して、町全体での子育て、老人の見守りという機能を果たせなくなっています。
声をかければ犯罪者になりかねないですし、隣に住んでいる者の顔も分からないというのが現在社会です。

そのような社会の中で、わざわざ他家族の子供や年寄りの面倒を見たがるもの好きは、そうはいません。
金銭を払ってもらっていても、進んでこのような子供や老人の面倒を見たがる者も少ないのが現状です。

介護問題

介護問題は、核家族化の進行により子供が親の面倒を見るという昔ながらの構造は崩れました。
都心部に行かなければ職がなく、地方にこもっているだけでは、有意義な生活を送ることができなくなっています。

また子供を作らなかった、もしくは作ることができなかった夫婦は老老介護をおこなわなければいけません。
しかし、老人が老人を介護することは物理的にも精神的にも難しいのが現状です。

さらに夫婦のどちらかが認知症にかかり、相手のことが理解できなくなってしまっては、精神的に介護はしんどくなり、愛するがゆえに心中をはかる老人たちもいます。

介護問題は他人事ではなく、親がいる家庭では必ず自身降りかかってくる問題となり、親に介護をするのが面倒くさい、もしくは経済的に不可能だから施設に入ってくれなどと、不孝なことを言うことを親に言うのは難しいはずです。

高齢化社会と介護を解決するには

この問題を解決するには、子供を産みやすくする社会をつくるしかありません。
ですがこれは、そう簡単な問題ではありませんし、すぐに完了できる問題でもないのです。

簡単に問題が解決できないのであれば、ドーピング的なものとして、現在できることは介護職員の地位向上や労働環境の整備にあります。
介護職員の門戸を広げることにより、さらに多くの介護職員を現場に投入することができます。

現在、端的にできる解決策は介護職員の数を多くする方法が、いい方法です。

    Read More