間取りから見える磯野家の秘密

近年自宅での家族でのコミュニケーションが不足しているという時、サザエさんをイメージしながら接してみるのもいいでしょう。
磯野家というのは家族では個の集合体ではなく、集まっていくことを中心としていきながら間取りを構成しています。

どうしても現代の間取りで多いのが集まっていくというより、各個人のプライバシーやプライベートを大切してしまうことが多く見られています。
しかし現代において、家族がコミュニケーションを取ることが難しい構造になっているといわれています。

磯野家の自宅の間取りを見ていくと、各個人と集まれる場所となっているバッファゾーンがあるといわれています。
実際に不動産会社や建設業者において、磯野家の間取りを参考にしながら間取りを考えているというケースもあります。

コミュニケーションを取れる間取りを作っていく事例を見る

各不動産会社などで提供している間取りをチェックしていくと、コミュニケーションが家族で取りやすいか判断することができます。
例えば和室と洋室が混ざっているような住宅を見ていくと、空間の柔軟性であったり融通性については対応していますが、どうしても和室はおおっ広げにすることもありプライバシーに欠けてしまいます。

また廊下をみていくと、部屋へつながっていく動線になっていないというけーすもあります。
さらに収納スペースが少なくなっているのも、デメリットとして選ばないことがあるでしょう。

ダイニングキッチンがメインとなっている、ホテルになっているような間取りをチェックしていくと、それぞれのプライバシーを十分に確保しているように見えますが、空間について柔軟性が乏しくなっています。
廊下も部屋へ動線となっていきますが、縁側を作り出せる状況になっていません。
いずれも間取りをチェックしていくと、磯野家のようにコミュニケーションを取れる空間ができていません。

ポイントはリビングにあり、家族が集合できる空間を広々と作っている点です。
この点を理解していくと、一気にコミュニケーションが増えていくことでしょう。

一家団欒の意味合いを考える

一家団欒は何か考えている方も多いことでしょう。
近年女性も仕事で外出する機会が増えており、家族でコミュニケーションを取りながら過ごすことができないケースも少なくありません。
しかし限られている時間に十分に子どもへと使っていくことによって、一家団欒楽しい時間を過ごしていくことができるでしょう。

しかし近年パソコンやスマートフォンに愛着を持っている子供や大人が少なくありません。
磯野家では対面でしっかりとコミュニケーションを取りながら話をしています。

一般家庭では平日はおよそ30分ほどしか、一家団欒をしていない状況です。
一度コミュニケーションが取れていないと考えた時、間取りなどを考えてみるのもいいでしょう。

    Read More