家事動線が短くなっていると子どもの行動がわかりやすい

サザエさんを見ていくと、磯野家はリビングと子供部屋が近くなっているのが分かります。
家事スペースからみていくと、磯野家ではリビングや子供部屋、さらにダイニングや吹き抜け越しで視界に子供の動きを見ていくことができるのがポイントです。

キッチンから子供がどのような行動をしているか知ることができれば、母親も家事をやりやすいことでしょう。
磯野家ではダイニングで親子で学習ができるようなちゃぶ台が設置されています。
これで親子のコミュニケーションを取っていくこともできますので、一家団欒のスペースが生み出されていきます。

動線によってコミュニケーションを生める磯野家

磯野家は間取りがしっかりとしていて、建設業者などで注目されています。
子供部屋も広々としていますので、コミュニケーションも取りやすくストレスもありません。

詳しく磯野家を見ていくと、木造平屋で建設されています。
動きやすく平屋なので、2階もないのが特徴的です。
家族のイメージをみていくと居間に集まっている仲が良い家族というイメージが合ったり、父親である波平が絶対的な立ち位置で大黒柱となっているというものがあります。

その一方で現代の家族関係で多いのが一家団欒というイメージからかけ離れていて、子供がどのような行動をとっているか、部屋で閉じこもっているような状態なのでわからないといった状況があります。
間取りも2階建てになっていることも多く、コミュニケーションが取りづらいだけでなく動きも見えづらい状況になっているという点があります。

一昔前は建材で利用されている有害物質は、ホルムアルデヒドやハウスシックといった体に害を与えていく問題が色々とありました。
壁紙についても色で人が感じているイメージが大きく変わっていきます。
動線の理解とともに、コミュニケーションが取れる雰囲気や構造を理解していくべきです。

磯野家のポイントをチェックする

磯野家の間取りのポイントを色々とチェックしていきます。
動きを把握したり一家団欒を作っていくために間取りが理想的となっており、家の中心には全員が集まることができるリビングが構成されています。
磯野家は常に自然な状態で茶の間で集合している状態を作っています。

また子供部屋は必要最低限の広さとなっており、カツオやワカメは眠る時や勉強を行う時以外は居間で生活をしています。
寝たり勉強を行う部屋なので、テレビなどは一切置けるスペースがありません。

こうして子供が、常に部屋にこもっていないように配慮されていますので、コミュニケーションを取りながら行動をチェックすることができるのです。
動きが把握できる状態になっている間取りですが、出入りがどこからでもわかる位置となっています。
隠れて遊びに行こうとすることもありません。

    Read More