客間があるとおもてなしが変わる

家の間取りは常に移り変わっています。
昭和30年代の一般的な家庭がサザエさんのモチーフとなっていますが、これは当時戦後で人口が集中していった公団の最小住宅である2DKをイメージしています。

その後は欧米文化が色々と入ってきたことによって、家の間取りが次第に変化していきました。
そんな欧米のアイデアを利用した間取りにおける問題というのは、どうしても日本人は個室を使っていくのが器用でないという点です。

欧米の間取りをチェックしていくと、それぞれの部屋の目的に合わせていきながら人が移動していけるようにする習慣を作り出していきました。
しかし日本の一般的な間取りでは、一つの部屋で食事やコミュニケーションを取れる状況を作り出すことができます。

行為で部屋の用途を変えていく習慣があるため、コミュニケーションや行動パターンもわかっていくのです。
また人との接し方も理解することができるため、客間に友人などを通しても快適に過ごすことができるようになっています。

欧米においては子供部屋についても認識が違っています。
子供部屋は欧米では、子供にプライベートの空間が与えていくように考えられています。

こうして独立心を養っていきますので、子供が成長していくのも助けてくれます、ただ勉強や食事は、必ず家族がいる空間で行うように配慮しています。
しかし磯野家のような日本の間取りでは、子供部屋が勉強部屋という認識もあります。

客間は設計する上でポイントが有る

磯野家では物語の中で親戚であったり、様々な友人が訪れることもあります。
タラちゃんのお友達であるイクラちゃんがタイコさんなどと訪れるケースもあり、多くの人が磯野家に集まっていくこともあります。
そんな中で建設業者や不動産会社で磯野家の間取りを参考にして、客間を広々と作っていくケースもあります。

そんな住宅における客間の設計を行っていくポイントというのもあります。
例えば来客がどのくらいあるかです。
注文住宅について客間を設計しないケースもあります。

それは大半の人が来客を経験しないためで、コストダウンも考えて設けていかないという点です。
しかし来客があった時には客間を用意していこうとする方もいます。
その時には書斎などを活用してフリースペースにするケースもあります。

リビングの一角であれば、客間は開放感が生まれていきますが、磯野家でも採用されています。
笑顔が絶えない場所ともいえるでしょう。
そして親と将来同居していこうか考える場合も、客間が重要か判断することができます。

出入り口だと廊下に面しているか判断することになりますが、そこでプライバシーを守っていけるかもポイントです。
リビングと続いている間取りとなっていても、廊下へ出入り口を設けることで客間も生きてきます。
将来は完全な個室にすることも可能となっています。

    Read More