「単独世帯」って何?

単独世帯についてお話ししましょう。
単独世帯というのは、簡単にいえば「一人暮らし」のこと。
簡単にいえば、結婚をする前の人が住んでいる家のことですね。

1人暮らしなので一人で気ままに生活することができますし、誰にも気兼ねすることがないというメリットがあります。
日本では、大体高校→大学に行く時に家を出て独立するか、就職をする時に1人暮らしになるということが多いです。

特に全国転勤がある企業だと、どうしても転勤がありますから単独世代が多くなります。
一方で、地元の学校に進み就職も仕事も自宅の近くで決まった場合は、そのまま実家に住みながら働くということが多いですね。

一人暮らしが快適すぎて

しかし、この単独世帯に「問題アリ」という指摘が出ています。
まず、一人暮らしがあまりにも長いと「一人が快適すぎて、結婚しようという意欲がなくなる」ということもあるそう。

現代では結婚しない男女が増加していますが、その理由の一つに「一人暮らしがあまりにも快適すぎて、結婚して誰かと一緒に生活することが考えられない」というケースが少なくありません。

1人暮らしは確かに快適なので、それに慣れてしまうと「億劫で、結婚をしたくない」と考える人が増えるそうです。これは、結婚しない男女へのアンケートでも明らかになっていて「一人暮らしが快適だから、今更結婚しようという気持ちになれない」という人がかなりの割合を占めていました。

単身世帯の快適さが、一方でデメリットになってしまっているということでしょうね。

しかし、一人暮らしにはメリットも多い

1人暮らしをすることで、やはり「自分を成長させることができる」というメリットがあります。
実家暮らしは確かに楽ではありますが、なんでも親がやってくれるということがあるために、生活力が身につかないというデメリットがあります。

対して1人暮らしの場合、必要なことはすべて自分でやらなければならないので嫌でも生活力が身に付きます。これが、一人暮らし最大のメリット。このため、親御さんの中には「ある程度の年齢になったら、一人暮らしをさせる」という人も多いそうですね。

一人暮らしになることで、本当に気持ちの成長もすることができますので、できればやってみることをお勧めしたいです。一人暮らしをしてみると、その楽しさも感じることができるでしょうし、親のありがたさも実感できるのではないでしょうか。

    Read More