フランスでは「非婚」が非常に増えています

日本では「子供を産むなら結婚してから」という風潮が非常に大きくなっていますが、海外ではそうではありません。

むしろ、ヨーロッパでは「子供ができても結婚はしない」というケースが増加しているそう。
特にフランスでは、すでに結婚をしない夫婦がかなり増加していますよね。

これは一体どのような事情があるのでしょうか?ここで、フランスの結婚事情について触れてみたいと思います。

フランスの女性は働く

女性の場合、結婚したら女性は子育てのために仕事を辞めるという人が多いです。
最近は共働き世帯も増加してきていますが、まだまだ「子供を育てるために仕事を辞めるという人が主流ですよね。

これは「日本の場合、子供を育てながら働くという基盤ができていな」ということもありますが、やはり「結婚したら女性は家庭に入り、家事育児に専念をする」という考え方がつよいからでしょう。

最近はそんな専業主婦に対する批判も高まっていますが、今の日本社会ではそれも仕方がない部分があります。

しかし、フランスの女性というのはとにかく働きます。
結婚しようとしまいと、とにかく働く。もちろんそのための設備が整っているからでしょうが、「自分の食い扶持を稼ぐ」ということを男性に任せることはしません。

結婚してもしなくてもいい

フランスでは、多くの人が結婚に対して「してもしなくてもいい」と答えるそうです。
というのも、フランスは結婚をするのも離婚をするのもわりと大変なので(手続きがいろいろあるので)、それなら「結婚せず、そのままでいいわ」ということになりやすいそうです。

また、結婚さえしてえいなければ、親戚づきあいなど面倒なことからも解放されるので「結婚しない」という人も多いとか。結婚と同時に親戚に悩まされるのは、日本だけではない様ですね。

日本とフランス、育児の違い

なぜフランスの女性がここまで独立していられるのかというと、フランスでは「子供は早くから自立させるもの」という考えであり、だから「小さいころから添い寝はしない」などの文化が定着しているためです。これが日本との違いですね。

日本ほど子供に手をかけることがないため、女性もどんどん仕事に打ち込めるのでしょうね。
日本がフランスほどになるとは考えにくいですが、共働き世帯がどんどん増えている今を思えば、将来的にはフランスに近い様な現象もあるかもしれませんね。

    Read More