家族というのは、つながりがとても重要です。
しかし、生まれ育った家族以外の方とつながりを持つのは、
とても難しくなっています。

特に女性にとって、嫁ぎ先への家族のつながりを作るというのは、
最も難しいといわれているのです。

その理由は、姑との関係性でしょう。
嫁と姑の問題は、古くから永遠の問題とも言われているほどです。
とても困難で、複雑化しているという事が現状となります。

しかし、せっかく大切なパートナーができたのにも関わらず、
嫁と姑の問題により家族のつながりが損なわれてしまうのは
もったいないです。

そこで家族のつながりをもう一度考え、
嫁ぎ先で上手くやっていく方法を把握しましょう。

嫁ぎ先といっても、現在では、様々な家族の形があります。
二世帯住宅だったり、離れで暮らしている場合は、
その距離感を大切にしましょう。

あえて距離を縮めるのではなく、程よい距離感を
大切にしていくことで、お互い干渉することはありません。

干渉しないので、お互いのライフスタイルを邪魔することなく、
つながりとしても心地よい距離を保てるのです。

難しいのは、嫁ぎ先が同居の場合でしょう。
この場合の距離感は、微妙な距離感が重要で、近すぎても距離を遠くとっても
いけません。しかし、家族という事を忘れずに接します。

自分がどう思っているのかという部分を隠さずに接するのです。
本音を言い合う関係ではないと思っていることが多い嫁と姑の関係ですが、
最初から思っていることを言わずに我慢していると、最終的に爆発して
家族のつながりが失われる結果になります。

これは、最悪の結果にもなりかねません。
最初から自分の思っていることは、言うのではなく伝えるという事が
重要なポイントです。

具体的なポイントは、料理の味付けなどに注意しましょう。
その家庭ごとに料理の味付けが違います。

おふくろの味を大切にしている家庭の場合、嫁が新たに味付けを行うことで、
家族関係にひびが入ることがあるのです。姑の味付けに口を出すという事は、
それまでその味を食べてきた家族の食習慣も否定してしまう可能性があるので、
注意が必要でしょう。

嫁ぎ先で上手くやっていけるのかどうかとても悩んでしまう問題ですが、
自分を隠し続けるのではなく、本音を伝え続けながらも相手のライフスタイルを
尊重することがポイントです。

ずっと一緒に生活をするので、無理をするのが一番いけません。
上手くやるには、距離感を大切にしていきましょう。

    Read More