マンションに住んでいても一戸建てに住んでいても、
避けて通れないのはご近所付き合いなのではないでしょうか。

ご近所との付き合いが比較的希薄になった現代でも、
仲良くとまではいかないまでも、顔見知りのお隣さんなどに
会えば頭くらい下げたりする経験は、誰しもあるのではないかと思います。

引っ越した先で、隣近所に粗品を配ってご挨拶に回る習慣は、
今でも行われていますが、中には、挨拶をするためにお隣さんを尋ねて行くと、
「うちのマンションでは挨拶まわりをするような習慣はないから」と、
持っていた粗品を突き返されて一蹴されてしまい、
その場に粗品と共に呆然と立ちすくむ、というようなケースもあるようです。

このケースの方は、その後はご近所さんと挨拶するのも怖くなってしまって、
付き合い自体は全くなかった、ということでした。
ここまで極端なお隣さんの拒否反応は珍しいでしょうが、
多かれ少なかれ付き合いというのは避け切れないものではないでしょうか。

例えば、町内会の募金のお願いであったり、回覧板を回すためであったり、
はたまた、自宅の鍵のトラブルなどが発生して、自宅を閉めだされてしまって、
緊急時にお隣に駆け込んで助けを求めるというケースも、もしかしたらあるかもしれません。

こういった時に、挨拶程度にでもお隣の方と面識があると、
また違った対応になってくるのではないかと思うのです。
そのご近所さんたちと、付かず離れずのいい距離感を保つのがお勧めです。

もしこちらで問題が起こった際には助けてほしい気持ちもあるけれど、
だからと言って、いつも行動を監視されているような気分にさせられたり、
何となくいつも挨拶しなければいけないのかな・・など、自分の気分が不安になったり、
落ち込んでしまうような付き合い方は、
これからの長い付き合いのためにもあまりお勧めできるものではありません。

また、ご近所の方の性格や習慣も千差万別ですから、
中には「モンスター」とも言えるような方が近くにお住まいの場合もあるでしょう。

ご近所さんとうまく円滑に付き合っていくためには、引っ越しした時に一度は顔を出して、
「私たちはこういう者です」と、簡単に素性を話して挨拶をしておき、
まずは自分たちが越してきたことを知ってもらうのが良いでしょう。

簡単な挨拶は、その後の近所付き合いを円滑にする効果があると思っています。

普段の生活では会釈程度の挨拶にとどめ、
付かず離れずお互いに干渉しすぎない関係が、
現代には一番マッチしたご近所付き合いなのではないかと思います。

    Read More