泥棒の被害を受けた物語もあるサザエさん

日常生活のシチュエーションを多く物語に採用しているサザエさんですが、時代に合わせて様々な情景の変化があります。
そして犯罪行為なども、物語が描かれた時期にあった内容を描写していることがあり、物語として成立していくことがあります。
実際に磯野家では、サザエさんの物語の中で何回か泥棒の被害を受けています。

昔ながらともいえる唐草模様の風呂敷を持っている状態の泥棒と接するシチュエーションもあるほどです。
怪我などをしないで、ほのぼのとした形で終わっていくことが多いため、サザエさんでは平和に進んでいくと考えられています。

しかし長い歴史で磯野家には、漫画では18回も泥棒の被害を受けています。
連載年数は22年にもなりますが、1年から2年に1回程度泥棒の被害を受けているという状況になっています。
アニメシリーズと含めていくと、磯野家は泥棒の被害に何回も遭っています。

信じられないほど泥棒の被害を受けている磯野家ですが、漫画らしくドジな泥棒が多くなっています。
必ずどこかでミスをしますので大きな被害を受けることはほとんどありませんが、泥棒に狙われる機会が多い家庭であるいうのが事実と言えるでしょう。

世田谷に5DKという広々とした物件ですので、常に泥棒に狙われやすい環境となっています。
何か磯野家には不思議な魅力が存在しているのかもしれません。

磯野家のように泥棒の被害を受けないようにする方法

空き巣など泥棒による被害に遭遇すると、大切に持っている財産を一気に失ってしまうことがあります。
そのため自宅に知らない人に侵入されないように考えておかなければなりません。
常にドアや窓へ防犯対策を講じておいたり、戸締りを出かける時にきちんと行っていくことが大切となっていきます。

例えばドアにおける防犯対策を見ていくと、ドアに対して錠を2つ以上つけておいたり、ガードプレートなどを取り付けていくといった方法があります。
防犯性能た高ければ高いほど、泥棒から家庭を守っていくことができるでしょう。
ピッキングであったりサムターン回しによる泥棒は多くなっていますので、しっかりと理解して防犯対策に努めていくようにしましょう。

窓も同様で、防犯対策としてロックが付いているクレセント錠をつけてみたり、割れないように防犯フィルムをつけていくといいでしょう。
専門業者にフィルムなどを着けてもらうと、安心して防犯対策を行うことができるでしょう。

とにかく基本的には磯野家のように泥棒が寄ってこないようにするのがポイントです。
常に寄せ付けないよう、ドアや窓以外にも防犯対策をしなければならないポイントがないか、常にチェックしていきましょう。

    Read More