現在も放送されているサザエさん

テレビで放送されているアニメは多数ありますが、その中でも歴史のあるアニメの一つにサザエさんがあります。
現在は放送47年目に突入していますが、毎週日曜日の午後6時30分にチャンネルを合わせてチェックしているという方も少なくありません。
そんなサザエさんは、世界各国でも愛されているアニメとして知られています。

そもそもサザエさんの内容というのは、各季節に合わせて原作をチョイスして作られています。
全部で3話ある放送ですが、色々と組み合わせていきながら物語を構成していきます。

しかし内容は限界に来ることもあり、内容を思案する際にかぶってしまうこともあります。
かつては同じ原作が何度も使われていることもありましたが、間隔は必ず2年以上空いているだけでなく、内容が若干変わっているのも特徴的です。
放送されるそれぞれの話で、最低1本は原作が必ず利用しているのも特徴的と言えるでしょう。

世界各国でも愛されているのは、日本の年中行事を確認しながら楽しく家族の姿を見ることができるのがポイントなのかもしれません。
さらに家族旅行であったりボーナスを受給されるなど、家族における様々な話題が毎年放送されています。

その流れは現代劇としても知られており、放送から47年経過しても変わることが決してありません。
それが人気の秘訣となっているのでしょう。

ギネス世界記録となったサザエさん

サザエさんの制作を行っていく際に、使用されている技法は一定です。
放送にはセル画を中心に制作されていたサザエさんですが、放送回数は世界でも注目されています。
2011年以降は地上デジタル放送によって、若干制作スタイルを変えていきながらも、放送回数は2000回を越えて行きました。

そして放送45年目となった2013年、ついに放送回数が2250回を超えてギネス世界記録を達成しました。
式典にはサザエさんの声を担当している声優の加藤みどりさんが受賞者になって、ギネスワールドレコーズの日本支社代表から認定証を受け取りました。
放送開始から同じ時間帯で放送を続けているという点でも、注目されるニュースとなりました。

当時の平均視聴率も20パーセント以上を1980年以降から続けており、現在でも人気番組としてアニメの代名詞となっています。
放送しているフジテレビは、当時開局55周年ということもあり、アニメのサザエさんだけでなく全国各地でイベントを行ったり、サザエさんウイークと題して実写ドラマや原作者の長谷川町子に関するドラマを放送していました。
今後もサザエさんは記録を作っていきながら、様々な話題を作り続けていくことでしょう。
視聴率も安定しており、引き続き人気を集めています。

    Read More