温かみがあるセル画を使うサザエさん

セル画というのはセルアニメを製作していく過程で利用される画材であるセルを利用していきます。
セルは透明なシートとなっており、そこへサザエさんのシーンを描いていくことでアニメが生まれていきます。

透明なシートの素材としてセルロイドが活用されていたため、セル画と呼ばれるようになりました。
セルアニメより2011年以降サザエさんはデジタルアニメに移行されていきましたが、そこでもセル画の時と同じように温かみを持っているセル画のような雰囲気を醸し出しています。

セル画だと輪郭や境界線が明確に線で描かれています。
色や影についてもグラデーションが単純に描いていくことができ、段階的に表現していく絵になっていきます。

背景を描いている状態の紙の上へ数枚セルを重ねていき、動きがあるところだけを差し替えていきます。
それを何度も繰り返すことによって、16ミリや35ミリなどのフィルム撮影していくこととなります。

日本国内で放送されているアニメ業界において、1990年代の後半以降はデジタルでの放送が主流になっています。
しかしセル画による製作も続いており、技術を持っている人材が減少していったとしても、決して消えることがありません。

高齢化も進んでいますが、それと同じく業務用に利用されているセルの流通量も減少しています。
それでも温かみがあるセル画はニーズが高くなっています。
セル画は材料を入手するのが不可能であると考えられていますが、サザエさんは最後まで唯一残るセル画によるアニメとなっています。

デジタル化によってサザエさんも影響を受けた

日本ではアニメ産業が普及して以降、1990年代まではセル画が基本的に用いられていました。
一切セル画を利用しないで、近年専用機材を活用して全編デジタルによる彩色が行われるようになっています。
制約も一切デジタルにすることで彩色でかかることがなくなっていき、アニメの幅が広がるといわれていますが、サザエさんは最後までこだわって制作されていきました。

商業としてアニメを制作している現場においては、セル画が現在過去のものとして考えられています。
現行の作品として、サザエさんは最後までセル画で作画を継続していましたが、製作会社はデジタルへと移行してもアナログな構成にしようとしています。
しかしセル画を利用するとハイビジョンで放送する時の画像と相性が良くない状況になっており、デジタル化へ変えざるを得ないという結論に至りました。

他の作品も画像は向上しており、映像品質でも高いと評価を受けています。
しかしサザエさんについてみていくと、セル画を継続して汚いなどといったクレームを視聴者からもらうのは厳しくなります。
そこでサザエさんもセル画からデジタルへと移行する結果となりました。

    Read More