無縁化していっているこの時代に、他人との共同生活で新しいコミュニティを築く人もいます。
それは最近、若い人を中心に注目されてきている新しい住居スタイルで、シェアハウスと呼ばれる物件です。シェアハウスでは赤の他人同士が一つの住居で同居しながら生活を送っていきます。

一部ではゲストハウスとも呼ばれているものですが、ゲストハウスというと迎賓館と勘違いしてしまう人もいるため呼び方を変え、よりオシャレな呼び方にしたのがシェアハウスなだけであって基本的には同じ意味で使われています。

明確な違いはないものの、仮に使い分けるとしたら、ゲストハウスは短期滞在者に向けて提供していて、家賃は低く設定されていますが内装や設備にはこだわりがない物件のようです。いわゆる素泊まりができる安宿のようなものですね。
そのことから海外旅行者や出稼ぎで日本に来ている外国人などの利用が多いかもしれません。
ただシェアハウスは、日本では最近注目し始められた新しい物件ですが、外国では昔から合った住居スタイルです。特に外国の学生の場合は、費用を節約するために友人同士でルームシェアするのは珍しくはありません。
でも、その特殊な生活スタイルからプライバシーがまったくなさそうと感じる人もいると思います。

シェアハウスは共同生活といっても、個人の部屋は用意されています。部屋スタイルも様々で、自分ひとりで使う個室、友人と共有するルームシェア、大人数で共有する大部屋などがあります。全員が共同で使うのはキッチン、リビング、トイレ、浴室、洗面所などです。

似たような物件では漫画の「めぞん一刻」がありますね。
一刻館は、風呂ナシでキッチンは部屋に完備されていますが、トイレや洗面所は共有で使用します。そのため、朝起きてほぼ必ず住人と顔をつき合わせてコミュニケーションが取れます。
あそこの住人は特殊ですが・・・(^^;)

つまり、シェアハウスとは他人同士が家族のように暮らせる物件です。
新しい家族のあり方といってもいいでしょう。
物件の特徴を大まかにあげると以上のようになりますが、他にもシェアハウスの特徴として、入居に必要な保証人の必要がなく、敷金・礼金、仲介手数料も発生しません。そのため、入居のための初期費用を抑えることも出来て、良い物件に安く住めるというメリットがあります。

さらに、帰宅すれば誰かが居るという安心感が得られ、他業種の人とのつながりも持てるでしょう。外人のバックパッカーも利用することがあるシェアハウスですから色んな世界を知ることが出来て、自分の価値観の広がりや世界観にも影響力が出てくると思います。
対してデメリットと言えば、それはあくまでも他人同士の付き合いだということです。価値観の違い、金銭トラブル、ルール違反、マナー違反などがないとは言えません。普通の友人を探すのと同じように、気の合う仲間を見つけるというのが利用する上での難関でしょう。

シェアハウスといっても、今は実に様々なスタイルの物件があります。一見、若い人に向けた住居スタイルですが、お年寄りがシェアする物件もありますよ。無縁化社会を断ち切るために、こういった新しいつながりを持てる生活を考えてみるのもいいかもしれません。

    Read More